徳島県内の主な観光スポット

徳島県北地方=阿波池田ユースホステルを基地にして



祖谷かずら橋/東祖谷山村

 祖谷川の最上流に架かるシラクチカズラで編まれた吊橋。男橋と女橋のふたつからなっており、男橋は長さ42m・幅2m、女橋は長さ20m・幅2m。並行して架けられていることから別名“夫婦橋”とも呼ばれています。祖谷地方にはかつて13のかずら橋があったといわれていますが、今なお一般生活橋として地元の人々に愛され活躍しているのはここと西祖谷だけというたいへん貴重な存在です。



危小歩危/山城町

 深いV字に切りたった断崖絶壁が約5kmにもわたって連続する千変万化の峡谷。結晶片岩や含礫片岩などが露出し奇岩怪岩や深淵が多く見られるなど、男性的な表情にあふれ、吉野川が長年の歳月をかけてつくりあげた大自然の芸術品。岩肌と樹木と渓流のコントラスト、春は深山桜や岩ツツジ、夏は新緑、秋は紅葉が美しく、観光船による川下りのドラマチック体験も楽しみのひとつです。


土柱/阿波町

 砂礫層の斜面が風雨に浸食されたもので、土層の奇妙な景観が姿を現しています。数万年かけて作られた土柱の中には、18mにもなる高い柱もあります。松と地肌のコントラストも美しい自然の芸術品です(国の天然記念物に指定)。


うだつの町並み/脇町

 本街道として藍の取引で賑わいを見せた脇町の南町付近には、江戸から昭和初期にかけて栄えた藍商人らの豪邸が軒を連ねています。かつての脇町は藍と水運で開けた町。袖壁が見事なうだつを上げ、白壁と瓦のコントラストが美しい町並みです。


吉野川/三野町・三加茂町

 全長約194km。流域面積約3,700平方キロメートル。四国山脈を横断し紀伊水道へと注ぐ四国第1の大河。古くから、関東の板東太郎・利根川、九州の筑紫二郎・筑後川と並び称され、四国三郎と呼ばれ親しまれてきました。そのゆったりとおだやかな流れは四季おりおりに周囲の美しい自然を川面に映し、変わることのない豊富な水量とあいまって今なお人々の暮らしと心にうるおいをもたらしてくれます。


剣山/一宇村

 古くからの山岳信仰の山で、四国の屋根といわれる四国山地の主峰。リフトを降りて40分ほど歩けば、室戸岬や中国山地まで見晴らせる360度の大パノラマが展開します。頂は「剣山」という名に反して、丸みを帯びた草原が続いています。標高は1955m。



徳島の中心部=徳島ユースホステルを基地として


大鳴門橋と鳴門のうず潮/鳴門市

 英知をきわめた人工美と迫力満点の自然美が織りなす鳴門ならではのダイナミックな景勝地。大鳴門橋は鳴門と淡路島を結ぶ全長1629mの吊橋。鳴門のうず潮は瀬戸内海と紀伊水道の潮流が出会い、その干満時刻の違いにより発生するもので世界最大級。春と秋の大潮時には直径20m・時速20kmにも達します。橋のそばの鳴門公園から眺望を満喫したり、間近に体験できる観潮船も人気です。


阿波おどり/徳島市

 「阿波おどり」といえば徳島を代表する真夏の夜の一大祭典。その歴史は古く、天正年間(1574〜1592年)に徳島城の完成を祝い、町人たちが城内を踊りまわったのが始まりともいわれています。毎年8月12日からの4日間、メイン会場となる桟敷席を設けた7か所の演舞場では、一晩に50をこえる連が次々に登場し乱舞を披露。街は独特のリズムと熱気につつまれます。


霊山寺/鳴門市

 四国霊場1番札所。天平年間(729〜749年)に、聖武天皇の勅願により僧行基が開基したと言われ、いまも“一番さん”の愛称で親しまれています。入母屋造の仁王門をくぐれば、静かなたたずまいの古刹が開け、四国八十八カ所巡りへの思いを新たにします。


吉野川と眉山/徳島市

 古来より吉野川とともに徳島を見守り続ける眉山は“眉の如雲居に見ゆる阿波の山……”と万葉集に詠まれたことにその名が由来するといわれる優美なシルエットの秀峰。絶景が楽しめるビューポイントとして知られ、標高277mの山頂には展望台のほか、徳島をこよなく愛した明治・大正時代のポルトガルの外交官で文筆家モラエスの遺品や作品などを紹介するモラエス記念館などがあります。


大塚国際美術館/鳴門市


 1074点もの西洋名画を原寸大で再現した陶版画を展示する世界初の美術館です。まるで現地で観賞しているように、その場所の環境まで含めて再現したものや、西洋美術の歴史が手に取るようにわかる系統展示などがあり、西洋の名画を学び観賞するには、最適の美術館となっています。



徳島の県南地方=徳島ユースホステルを基地として


大浜海岸とうみがめ/日和佐町

 アカウミガメの産卵地として全国的に有名な大浜海岸。ウミガメは警戒心が大変強いので光や音で上陸をあきらめます。そこで、産卵の時期には海岸のゲートを閉じ、見学ができるようになってからオープンします。近くには、係員から見学可能の連絡がくる宿が何軒かあって、その案内にしたがって見ることができます。


蒲生田岬/阿南市

 室戸阿南海岸国定公園内にある四国最東端の岬。毎年5月〜7月には、アカウミガメが産卵のために上陸することで有名です。最突端には六角形の白亜の灯台があり、遊歩道も整備されているので散策にもぴったり。東の沖合には、棚子島や伊島など亜熱帯植物がおい茂る島々を一望。まさに、ありのままの自然の素晴らしさを実感。各島は、フィッシングポイントとして知られ磯釣りが楽しめます。


轟の滝/海南町

 海部川上流の渓谷にかかる大小無数の滝の総称で、別名「轟九十九滝」と呼ばれ、轟神社、龍王寺の御神体でもあります。本滝の王余魚(かれい)滝は、落差58mもある四国一の大滝で、音といい姿といい圧巻です。周囲には遊歩道があり、不動の滝や鳥返し滝などを巡りながらの自然散策を楽しめます。


水床湾/宍喰町

 海水は透明度が高く、熱帯魚やシコロサンゴの群生が見られるこの辺りは、絶好のダイビングスポットとなっています。海洋自然博物館マリンジャムを見学したあと海中観光船に乗れば、じっくりと海の中を魚になった気分で散歩することができます。水床湾は湾内に大小の緑の島々が浮かび、黒潮の香が漂う景勝地です。


このページの写真および文章の著作権は、財団法人徳島県観光協会に属します。


トップページへ戻る